『AIR TRICK SHOW』ライダーインタビュー永井秀夫<後編>

なんとかイベントで出張型のBMX、MTBデモンストレーションを行うことが出来たJumpersstore。さらなる道を模索していた永井の前に、大きな転機が現れる。


■AIR TRICK SHOWが始まる


どうしていこう、って考えている時に、現在のbb project(YBP PROJECTより分社)さんがお声をかけてくれて、AIR TRICK SHOWというプロジェクトが始まりました。


bb projectの佐藤さんが営業をしてくれて、AIR TRICK SHOWとしての本格的な始動は東京、二子玉川駅前の半分室内のようなショッピングモールの入口で飛べることになりました。それを聞いた時にはテンション上がりましたね。


佐藤さんがしっかりアテンドして下さったので、僕と林さんは何も分からずただ喜んでいたかもしれないです。


緊張よりも、いよいよですね、みたいなのがありましたね。こんな大きいところで出来るなんて、やりましたね、みたいな。ビビるような気持ちは全然なかったです。


こういうところでやりたいなっていう漠然とした気持ちはありました。それこそ大阪、東京、そういった市街地でできたらいいなって。本当にたまたまそこに居合わせたような人に見てもらえるって言うのは意味があるなって。


ショーの最中は最高に気持ち良かったです。


Jumpersstoreでやってきたデモとはお客さんの数が桁違いに多かった。

自分の理想にすごく近づいた瞬間なのかなって感じました。

サイン会やったんですけれど、それに並んでくれた人の数を見て、やって良かったなっていうのは思いましたね。

その時ジョージが出てたんですけれど、ジョージのサインはカタカナでジョージって書いただけなんですよ。でもそれを貰って喜んでいる人がいっぱい会場にいたんです。

凄いなって思いました。


※ジョージ
溝垣譲二。BMXパーク競技の表彰台を総ナメにしている、恐るべき中学生。この二子玉川でのデモンストレーションの際にはまだ小学生だった。

(その時の様子がこちら)

■そして、千葉ジェッツふなばしのハーフタイムショーへ

(その後、AIR TRICK SHOWはレッドブルエアレースなど大型イベントへの出演を重ね、2018年2月、千葉ジェッツふなばしのハーフタイムショーへの出演を迎える)


最初に千葉ジェッツさんのハーフタイムショーのお話を聞いたときは、正直その後経験することになる凄さに対しては全然ピンと来ていませんでした。

バスケットボールのハーフタイム、そもそもBリーグも知らなくて。

下見を兼ねて何試合か見させてもらった時に、うわ、凄い!って思いましたね。ここで出来るんかっていうことに対して、もうその時はほんまに緊張とかではなくてワクワクが凄かったです。ここで俺らが飛べるんかって言う。

飛んだ時は、今までのショーの中で一番気持ちよかったです。

体育館なので、お客さんの声が聞こえやすいんですよ。わっ!て言ってくれている歓声が、ものすごい自分に届くんです。今までで一番お客さんとの一体感を感じた瞬間かもしれないです。


(その後、2018年10月越谷イオンレイクタウンショッピングモールでのショーを行う。2019年6月には同じ場所で2度目、10月には岡山県のショッピングモールでも行う)

(※写真は2019年のもの)


(2018年10月のアクティブキッズフェスでは、エアトリックサーカスとして、バイクトライアル、パルクールと共演)

自転車のショーをやりだして思ったことなんですけれど、自分達だけで一つイベントを打つってなると、まだとても難しいんですよ。


一つのイベントとして成立させるには、AIR TRICK SHOWだけでは力不足かなっていうことはすごい思い悩んでいました。だからこのエアトリックサーカスで、BMX、MTBのジャンプデモンストレーションと近いバイク(自転車)トライアルとかパルクールとかいうものと一緒に出来たっていうのは可能性を感じました。

何度もデモンストレーションで飛んでいるアクティブキッズフェスタだったので、お客さんも何回も見てくれている、慣れている人達なんです。そのお客さんの反応がいつもと違っていました。

いいなって率直に思いました。


■2019年3月、2回目の千葉ジェッツふなばしハーフタイムショー


一度見てくれた千葉ジェッツのファンの人たちが、凄い温かく迎え入れてくれました。自分のホームに帰ってきたみたいな感じがしました。

2回目なので前回とは違うものをと思って、デモンストレーションの最中に床にプロジェクションマッピングを入れて凝った演出をお見せしたかったんですけれど、照明の関係でよく見えなかったのが残念でした。

けれどトライアルとパルクールも入れて、新しい、バージョンアップしたものを見せることができたのは良かったと思っています。

千葉ジェッツさんからハーフタイム中の着座率が一番高かったっていう話を聞いて、物凄く嬉しかったです。


■3回目となる千葉ジェッツハーフタイムショー、鎌ヶ谷巧業Presents AIR TRICK SHOWという夢へ


正直、最初にやらせてもらった時には3回も呼んでいただけるとは思っていませんでした。


僕は今一番千葉ジェッツのお客さんの前で飛ぶのが楽しいので、もっと熱くなってもらえるように、より凄いものを見せたいなと気持ちがあります。

千葉ジェッツさんの作られているエンターテイメントは物凄いクオリティだなと思っているので、鎌ヶ谷巧業Presents AIR TRICK SHOWがそれをもっと後押しできるような、力になれるようなエンターテイメントのショーをやりたいなと思っています。


今回、楓くんという12歳の男の子がAIR TRICK SHOWデビューします。

大きな舞台で飛びたいという彼の望みを、千葉ジェッツさんのハーフタイムショーで叶えるって、すごい夢だと思いませんか?


Jumpersstoreは、日本におけるプロの収入的な面での地位向上と、裾野を広げて業界を広くしたいっていう、この2つが大きな目的、柱なんです。

この千葉ジェッツさんのハーフタイムショーに出演させてもらうことと、若手の子をこの世界にもっと引っ張りあげていく、この二つが二本柱にちょうど重なるんです。


楓君は今は自転車が好きで、ただ本当に好きで頑張っている気持ちが大きいと思います。そんな彼が千葉ジェッツさんのハーフタイムショーで飛ぶことをきっかけに、プロを目指すことをハッキリとした夢として持ってもらえるような舞台に出来たらいいなと思っています。


皆さん、僕らの夢と、楓君の夢の始まりを見に来てください。


■永井秀夫のこの先

オリンピックがもう来年に迫っていて、オリンピックの効果は凄いあるなと思うんです。

ライダー個人の仕事もそうですし、AIR TRICK SHOWとしてもお声を掛けて頂くことが増えています。課題はその後だと思っています。

オリンピックが終わった後、それでも皆さんに BMX、MTBというものを知ってもらえるように、かつライダーがちゃんと仕事ができるように続けていきたい。

何よりも、続けていきたいっていうのが大きいですね。

<おわり>


インタビュー前編はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000